"Biosporin":使用方法、フィードバック

各人の体内には病原体が生息しています微生物。一部は空気で身体に浸透します。ほぼすぐに、免疫系がそれらを攻撃し始める。他は生まれてから人体に生きています。これらには、粘膜、皮膚、腸の微生物叢が含まれる。

使用のためのビオスポリンの使用説明書

細菌は共生している、すなわち、慣習的に有用な活動が条件付き病原体の活動を抑制する独特の共同体である。このバランスが乱されると、体は反応を起こし、消化器系のさまざまな障害を引き起こします。しかし、バイオスポリンを服用すればこの問題に対処するのは簡単です。実際の患者の使用説明書、禁忌の可能性やレビューについては、この記事の後半で説明します。

医薬品の説明

「バイオスポリン」は、局所静菌作用。プラス側からの薬物は、多くの婦人科疾患の治療においてそれ自体を証明した。さらに、感染症に対する身体の感受性を高め、手術後の回復プロセスのスピードを上げます。

この薬は5mlのボトルで販売されています。 それらは、経口溶液の調製を意図した乾燥粉末を含有する。 1本の瓶は1,2または5回分の薬用に設計されています。ダンボール箱には5本または10本のボトルがあります。

カプセル用ビオスポリン取扱説明書

「ビオスピリン」は組成物を生きている微生物 - バチルス属の好気性腐朽菌の菌株。それらは多くの病原性微生物(例えば、黄色ブドウ球菌、大腸菌、病原性真菌)に対して活性化される。また、薬物の組成としては、塩化ナトリウム、ゼラチン、スクロースが挙げられる。

医薬品「バイオスポリン」の薬理学的特性

使用説明書が含まれていますこの薬の作用機序に関する情報。 Bacillus属の微生物の乾燥菌株は、病原性細菌叢に対する活性を示す。それらは、抗生物質効果を発揮するペプチドおよび培地の酸性度を増加させる酵素を産生する。これらの因子はすべて、病原性微生物の寿命に悪影響を与える。抗生物質耐性株の形成プロセスを停止することにより、ビオスポリンはそれらの活性に直接影響する。

小児用ビオスポリンの使用説明書

そのユニークな組成のために、薬物は免疫グロブリンの合成の促進を促進する。さらに、腸内のビタミンKおよびEの吸収過程を正常化する。

プロバイオティクスは、説明書に記載されているように、大腸にコロニーを形成するいわゆる有益なフローラに悪影響を与える。その成分は、腸内腔から吸収される能力を特徴としないので、血流に浸透しない。

使用の兆候

彼らはどの病気でビオスポリンを指定していますか?使用説明書には、薬物の使用が特に有効な病状および障害の完全なリストが含まれています。

  • カンジダ属、ブドウ球菌属、赤痢菌属、サルモネラ属の細菌である急性腸内感染症。
  • 外陰部のカンジダ症。
  • 細菌性膣炎。
  • 敗血症患者の術後合併症の予防。
  • 小児の再発性口内炎。
  • ジスバクテリウム症。

禁忌

プロバイオティクスへの指示には情報はありません禁忌について例外は組成物中の物質に対する個々の過敏症である。 「バイオスポリン」は治療中に耐容性が良好であり、慢性疾患の再発を引き起こさない。この薬物は多くの薬物と適合性があるので、しばしば複合療法の一部として使用されます。

biosporinユーザーマニュアル

適用方法

どのような用量でビオスポリンを投与するのですか? 使用説明書はバイアルの内容を簡単な沸騰水で希釈することを推奨しています。薬物の単回投与は5mlの液体を必要とする。この溶液は、使用直前に調製するのが最も良い方法です。粉末が希釈された後、保管は認められません。プロバイオティックは食事の少なくとも40分前に経口服用されます。

大人のための指導

腸の感染症の患者に2人が割り当てられている場合1日3回投与する。手術後または不全症の場合、プロバイオティクスの使用頻度は1日2回です。最初のケースでは、治療期間は7日以内で、2回目から2週間以内です。

細菌性膣炎またはカンジダ症希釈した粉末を、溶液に浸したタンポンの灌流または膣内投与(10mlあたり2回の投与)によって局所的に使用する。曝露時間は12時間を超えることはできません。治療の経過は10日間です。適応症によれば、医師は第2回の「ビオスポリン」を処方することができる。

子供用の使用説明書

腸の病状(赤痢、サルモネラ症)では、1日2回1回投薬を処方されている。治療の経過は1週間です。薬が回復するにつれて、薬の量は徐々に減少する。

小腸のdysbiosisでは、小規模な患者は1日3回プロバイオティクス1回の投与を受けるように勧められます。

小児用ビオスポリンの使用説明書

腐敗した性質の合併症を防ぐために術後期間には「Biosporin」も使用されます。この問題での小児および成人の使用説明書はあまり変わらない。プロバイオティクスは、手術前1週間、手術後約10日に1日2回1回投与される。

準備金の価格

Biosporinの費用はいくらですか? 使用、レビュー、禁忌の指示 - これは、患者が当初薬を選択する際に注意を払ったものです。医薬品の価格は重要な役割を果たしています。 「ビオスポリン」の包装には約500ルーブルを与える必要があります。

類似体

現在の薬物の構造類似体その瞬間は表現されていません。同様の性質を持つ薬を選択するには、医師に相談してください。同様の薬理学的効果を有する広範囲の薬物の中で、「ラクトバクテリン」、「Linex」、「Bifiform」と同定することができる。

それとは別に、「Biosporin Forte」に注意する必要があります。 使用説明書は、腸内の微生物叢の回復と病原性微生物の抑制のための準備を推奨しています。この治療法は、消化管(下痢、便秘、鼓腸)、膣カンジダ症、食中毒の機能に違反して処方されています。その動作をより詳細に検討する。この記事で説明されているビオスポリンとはどのように違いますか?

使用のためのbiosporin forte指示書

使用説明書の推奨事項12歳と大人の後の治療目的の子供のために受け入れること。おそらく、この提案には主な違いが含まれています。 「ビオスポリン」は粉末状で販売されており、成人3カ月以降の子供には許可されています。残りの部分では、絶対に同じ2つの準備です。

レビュー

使用後に患者が言うことプロバイオティクス?多くのレビューは、この薬物が小児および成人の両方に十分耐容性があることを示している。非常にまれに、患者は、掻痒症または蕁麻疹の形でアレルギー反応を訴える。この副作用は、薬物の成分に対する個々の過敏症に起因することが最も多い。

</ p>>
それがよかったですか?シェア:
薬 "Fliksonase"。指示
準備は "Sinuforte"です。指示
薬「ムコフォーク」指示
投薬 "ドン"。使用方法
"Olesesin"(キャンドル):
"スピロノラクトン"製剤。指示
指名手配人。指示
薬「パパベリン」。指示
"Mirlocks"の意味使用方法
トップポスト
アップ