製薬製剤「セファトキシン」。使用方法

医薬製剤「セファトキシン」は、使用の指示は、第3世代のセファロスポリン抗生物質を指す。それは、尿生殖器系、内臓に局在する重大な感染症を排除するために使用される最も有効な薬剤である。

薬物「セファトキシン」の指示免疫不全の人々の治療に使用することを推奨しています。この薬剤は、注射用粉末の形態で入手可能である。元の包装には1回分の瓶があります。

製薬製剤 "セファトキシン"、説明使用説明書を与える作用メカニズムは、病原性微生物の生殖の停止だけでなく、疾患そのものの原因物質の破壊ももたらす。この薬剤は、かなり多数の微生物に対して活性があり、その中に他のセファロスポリンの影響に対して耐性のあるものがある。

薬は次のように作用する: 導入の30分後、その最大濃度に達し、それは患者のすべての組織および器官にわたって良好に広がっていることを特徴とする。この薬は血液脳関門を克服しているので、髄膜炎を排除するために広く使用されています。大量の薬物は、内臓、皮膚外皮、筋骨格系、脳脊髄液に蓄積する。

この指示書に示されている「セファトキシン」という薬は、尿とともに患者の体から取り除かれます。

この薬は治療のために表示されていますENT臓器の感染症;淋菌、クラミジアおよび尿生殖器系の他の病気;血液の汚染;心内膜炎;髄膜炎;骨、関節、真皮または筋肉組織の感染性病変;再生システムの器官の病気。

指示書である医薬製剤「セファトキシン」は、他の抗生物質(特にアミノグリコシド)と組み合わせることができます。

薬物の最大活性は、皮膚および軟部組織の感染症(最大100%)および髄膜炎(95%)の治療においても固定されている。

最適な投与量は主治医によって決定される。 必要な投薬量は、患者の状態および疾患の重篤度に依存する。薬物は、静脈内または筋肉内に投与される。注射は12時間の間隔で行う(但し、疾患の重篤度は軽度である)。専門家は、このギャップを8時間に短縮することを決定する可能性があります。特に重度の場合は、間隔を6時間に短縮することができます。

この薬は禁忌です妊娠初期の女性の使用、抗生物質に対する耐性のない人、および腎不全を患う患者が含まれる。

副作用は非常にまれにしか発生せず、通常は薬が中止された後に経過します。

前記医薬品を使用する場合血液状態の分析を行うには、10日以上の資金が推奨されます。授乳中の母親として薬を使用する場合は、母乳育児を中止する必要があります。投薬量は医師によってのみ決定され、患者の腎臓の状態に依存する。

腸や胃の病気の患者では、重篤な合併症の発症は、この投薬を使用する際に除外されません。

治療の全期間中、それは推奨されるマルチビタミン複合体(薬物「スーパープラドン」、「サナソー」など)および生きたビフィズス菌を含む生物学的に活性なサプリメント(最適状態の腸内微生物叢の維持を保証する)。

</ p>>
それがよかったですか?シェア:
製薬製剤「Betiol」(キャンドル)。
薬用製品 "Salin"。指示
薬「ムコフォーク」指示
薬「チューリップ」使用方法
"Aminalon"という薬。
薬物 "ガバペンチン"。指示
医薬製剤「バネオシン」(軟膏)
「Flukostat」および「Unidox Solutab」の準備。
ドラッグ "Dimexide"(解決策)。指示
トップポスト
アップ