どのような咳で準備 "Erespal"を取る?大人と子供の使用方法

ほとんどの風邪は気道。特に子供はこのような病気に苦しんでいる。ウイルス性、細菌性またはアレルギー性の感染症は必ず気道に影響する。不快な痛みを伴う咳の原因と気管支炎、喉頭炎。症状を緩和するために、医師は薬剤「Erespal」を処方する。薬を服用する咳は何ですか?結局のところ、薬の誤用は重大な体にダメージを与える可能性があります。

どの咳をとるか

薬理学的性質

広く普及している現代医学呼吸器疾患に対処するために使用される、薬 "Erespal"です。この治療法をとる咳は何ですか?この質問に対する答えは、投薬の薬理学的特性に隠されている。身体への薬の影響のメカニズムを考えてみましょう。

呼吸器系における炎症過程の発達は、病原性微生物叢の能動的な再生を伴う。細菌が誘発する:

  • 炎症の発生;
  • 気管支の平滑筋の痙攣;
  • 気管支腺の過剰分泌。

このプロセスは痛みを伴う症状につながります。患者は湿ったまたは乾いた咳の攻撃によって邪魔され、息切れがある。炎症領域において、患者は痛い不快感を感じる。

このような症状では、かなりの軽減錠剤「Erespal」をもたらす。この場合、薬物の使用は完全に正当化されます。この薬剤は、α-アドレナリン受容体およびH1-ヒスタミン受容体を遮断することができる。この影響の結果、気管支の筋肉はリラックスする。より少ない量で、炎症のメディエーターが産生され、腺の分泌が減少する。患者は、薬「Erespal」の影響下で、咳の発作を減少させる。

Erespalタブレットアプリケーション

薬を飲むにはどんな咳がありますか?答えは非常に簡単です。この薬物は、多面的作用メカニズムを有する独特の抗炎症薬である。これは、湿った乾燥した咳と戦うために効果的に使用されます。同時に、この薬は大人と子供の両方に適しています。

薬の利点

この薬剤はしばしば統合された風邪の治療回復を促進し、倦怠感の兆候を軽減するのに役立ちます。このような性質のために、小児科医はしばしば子供のための薬「Erespal」を処方する。この指導は、この治療法が非常に有効な病理の全リストを提供する。

薬の使用は以下を可能にする:

  • 鼻詰まりを解消する。
  • 喉の中の迫害と痛みを取り除く。
  • 咳の強さを減らす。
  • 粘膜の腫れを除去する。
  • 共通の風邪を取り除く。

さらに、この薬剤は、様々な抗生物質。しかし、この薬の最大の価値は、Erespal薬を子供に使用することが許されていることです。指示書は次のように証言しています:シロップの形の調製物は、2年間の子供のために使用することができます。

使用の兆候

小児科医 "Erespal"(シロップ)が子供のために処方されている病気について考えてみましょう。

子供のためのerespal

薬の使用説明書には、呼吸器の炎症のための薬剤の使用を推奨しています:

  • 咽頭炎;
  • 喉頭炎;
  • 鼻咽頭炎;
  • 気管支炎;
  • 気管気管支炎;
  • 気管炎;
  • 副鼻腔炎;
  • 中耳炎;
  • 鼻炎;
  • 気管支喘息;
  • 麻疹;
  • インフルエンザ;
  • 百日咳。

原則として、薬物は複合体で処方されている療法。さまざまな病気で、医師はErespal錠剤の使用を推奨しています。この薬は、咳、喉の痛み、喉の痛みに効果的です。

リリースの形態

薬物「Erespal」は、以下の剤形で製造される:

  • 錠剤;
  • シロップ。

薬物の活性物質は、塩酸フェンスピリドである。肺組織における炎症過程の発達を妨げるのは彼である。

  1. タブレット "Erespal 80"。使用説明書には、80mgの有効成分が含まれていることが示されています。
  2. シロップ。 150 mlのボトルで生産されています。シロップは、以下の割合で塩酸フェンスピリドを含有する:溶液1ml当たり、有効成分2mg。

薬物の投与量

錠剤「Erespal 80」(これに特に使用するための説明書)は、成人患者の治療にのみ使用されます。すべての医師の推奨に従うことは、治療中に非常に重要です。

子供のためのイレスパルシロップ

指示書には、錠剤を服用するための次の規則があります。

  1. 食事の前に丸薬が消費されます。
  2. 慢性炎症性疾患の場合は、朝と夕方に2錠の錠剤を使用することをお勧めします。
  3. 病理の急性経過に対処するために、医師の処方用量を増やすことができる。錠剤1錠を1日3回服用する。

疾患、その形状および医師は、患者の個々の特性を考慮して、薬物使用の特定のパターンを処方する。これらの同じ因子は、薬物療法の持続期間に影響を及ぼす。医師のみがその使用を推奨することができます。

Erespal (シロップ)は、12歳に達した大人と子供に使用できます。 1日中、患者は3〜6スプーンを消費することが許される。これは45〜90mlの溶液です。

子供用シロップの応用

独立した試みを決してしない赤ちゃんの治療。高効率にもかかわらず、薬剤「Erespal」は乳児には推奨されません。子供のためのシロップ(指示はこれを示しています!)2歳に達していないクラムには適用されません。

このツールまたはそのアナログを割り当てる小児科医のみ。子供のための投薬量を正確に計算するために、医師は赤ちゃんの年齢と体重を考慮に入れます。規範は切り捨てられます。咳止め薬の毎日の投与量は、決して許容基準を超えてはならない。計算されたノルムは2〜3回の入学に分かれています。シロップは、錠剤と同様に食事前に摂取されます。

1日のノルムは次のように計算されます:子供の体重1キログラムについては、薬物4mgが許容されます。このようにして:

  1. 体重が10kg未満の小児では、1日2〜4杯の服用量です。
  2. 体重が10kgを超える子供は、2-4歳までお勧めします。 1日あたりの大さじ。

erespal 80ユーザーマニュアル

必要な治療のコースは、小児科医は、病気の経過の特徴を考慮に入れる。この薬剤のレビューから明らかなように、薬剤の開始後2〜3日で寛解が観察される。

使用の禁忌

効果的な薬剤は、患者によって十分に耐容される。実質的に禁忌はありません。

指示は、薬の使用について以下の禁止を与える:

  • 活性物質または薬物の成分に対する感受性の増加;
  • 子供の年齢は2歳までです。

特別な注意が診断された人へのシロップのようなツールに取られることをお勧めします:

  • フルクトースに対する不耐性;
  • 真性糖尿病;
  • グルコース - ガラクトース吸収不良。

その組成物中のシロップはスクロースを含有するため。

妊娠中に「Erespal」という薬を処方しないでください。専門家には、将来の母親の生物に対するこの薬の成分の影響に関するデータはありません。同時に、活性物質が中絶を引き起こさないことが確認される。

授乳中の母親がErespalを服用し始める場合は、母乳育児をやめることをお勧めします。現在、乳中への活性物質の摂取に関するデータはないため。

イレスパルシロップの塗布

副作用

薬物の使用によって不快な反応が起こることがあります。 Erespalが子供のために処方されている場合、起こりうる症状について知ることは特に重要です。

使用説明書には、以下の副作用のリストがあります。

  1. 心臓と血管。時々頻脈がある。薬物の投与量が減少すると、この現象は減少する。
  2. GIT。薬への頻繁な反応は、腸および胃の障害、上腹部領域の痛み、吐き気の出現である。ときどき嘔吐することもあります。
  3. 神経系。薬物使用中に患者が眠気やめまいを感じることは非常にまれである。
  4. スキンカバー。時々人々は発疹、蕁麻疹、紅斑に気づくことがあります。一部の患者は、かゆみ肌を懸念しています。

上記の副作用に加えて、患者は重度の疲労感である無力症を経験することがある。そのような症状は医師に報告しなければならない。

特別な指示

非常に多くの場合、患者は誤って薬物抗生物質 "Erespal"。これは完全に間違っています。この治療法は、抗生物質療法を置き換えることはできません。したがって、医師の推奨事項に厳密に従って、処方されるすべての薬を服用してください。

意見を述べる研究薬物の投与の間にビヒクルおよび機構を制御する可能性は未だ達成されていない。しかし、その指示は、眠気のような副作用が可能であることを明確に示している。したがって、治療中に車を運転しない方が良いです。

子供のための子供の指示

アルコールや鎮静剤との併用はお勧めしません。

結論

Erespalの有効性を実感し、この薬を服用するにはどのような咳がありますか?この薬は医師だけが処方されていることをはっきりと認識する必要があります。原則として、これは複雑な治療法で行われます。あなたの健康を世話してください!

</ p>>
それがよかったですか?シェア:
準備 "Rinikold":の指示
薬 "アシクロビル"(丸薬)。
薬物「クロナゼパム」:
指名手配人。指示
抗ウイルス薬タミフル:
"Bromgexin Berlin Chemie" - の指示
薬の準備 "Erespal"。レビュー、
"Erespal" - 子供と大人のためのシロップ
薬「パンゴガム」(シロップ)。指示
トップポスト
アップ