Laktostaz:若い母親を助ける方法と治療方法

この現象は、牛乳の停滞を伴い、乳管の閉塞は、乳糖摂取と呼ばれる。多くの女性にとって、刺激的な問題は、乳房静止症、それを治療する方法、そしてもちろん、この問題を避ける方法です。

狭窄によって乳房静止の発生が促進される(これは通常初産女性に影響を及ぼす)、1つまたはいくつかの乳管の閉塞を引き起こし、胸の痛みを引き起こす乳量増加による乳房の空の不足。あなたの指で軽く指を押すと、いくつかのシールを感じることができます。コルクは乳房からの牛乳の不均一な摂取や完全な停止に寄与します。痛みを伴う感覚が生じ、胸が表現されたときに、そのようなシールが存在する。乳房静止が見つかった場合、それをどのように治療するかは、主治医のみが知っているものであり、誰が直ちに接触しなければならないか、そうでなければ乳腺炎を回避することはできない。

乳汁分泌の発達に寄与する多くの摂食が不規則で稀である場合、または母親が母乳摂取を全く拒否した場合は、直ちに牛乳の停滞が起こります。大量のミルクおよび乳管内の小さなルーメンも、乳酸桿菌の出現を招く。乳頭の亀裂、傷、乳腺の損傷 - これはすべて摂食を複雑にし、乳酸抱合の前提条件です。また、授乳中に胸を支えたり、搾ったりするのが間違っていると、その結果はあまり面白くありません。閉じるリネン、胸を圧迫することはお勧めしません。

乳腺の停滞現象がより頻繁に起こる妊娠初期の女性、または出産後最初の数ヶ月に観察される。この期間中、子供は牛乳をほとんど消費せず、これは泌乳過程に影響します。乳房の空洞化が不十分であることは、乳房静止の発症の前​​提条件となり得る。

乳房静止とは何か、それを治療する方法、そして大部分主なもの - それを防ぐ方法は、すべての母乳育児の母親が知っている必要があります。給餌後にミルクをデカントすることはお勧めしません。ミルクが足りないという兆候と思われる身体の反応が誤っている可能性があるからです。その結果、ミルクはさらに強くなり、その余剰が現れます。つまり、1日を通して連続的に表現する必要があります。

量を制御することは非常に重要です消費された液体。それを過度に使用すると、豊富なミルクの供給に寄与することができます。出産後最初の1週間は、1リットルの液体を閉じ込めるべきです。

最初の子供に赤ちゃんに給餌するのが最善です要求、好ましくは少なくとも1時間に1回である。これは、乳房の閉塞の緩和および乳の自由流出の回復に寄与する。いずれかの乳房に痛みがある場合、この乳房に赤ちゃんをより頻繁に塗布する必要があります。しかし、残っている大量の牛乳に対処することができないかもしれませんし、それを表現することもできません。この複雑なビジネスでは、乳房ポンプが良いヘルパーとして役立つかもしれません。あなたは優しくあなたの問題の胸をマッサージし、胸のポンプでそれを空にする必要があります。次に、樟脳またはワセリンオイルで綿ナプキンを湿らせた状態で、胸の温かい圧縮として役立つ包帯を塗布します。包帯はよく固定されていて、7時間以内には取り外されてはいけません。

時々、授乳中の母親は自分自身に尋ねます: もし乳酸抱合が形成されれば、それを民俗救済でどのように扱うか?証明された道具 - キャベツの圧縮があります。通常のキャベツの葉1~2をとり、ナイフやフォークで少し練り込んで穴を開け、胸に付けます(蜂蜜でさらに油を注ぐことができます)。この圧縮は、胸を洗う必要がなく、牛乳の味と香りを損なうものではなく、最も重要なことに、乳脂肪抑制のすべての症状を排除するのに非常に迅速に役立ちます。

ほとんどの場合、乳房のマッサージをお勧めします乳房停止を伴う。しかし、それは非常に優しく優しく作られなければなりません。暖かいシャワーで乳房を温めたり、温めたりする前に行うことをお勧めします。シール周囲の円運動は軽くなければならない。次に、閉塞が形成された乳管を含めてすべての乳管を軟化させるために、乳頭の中心に行く必要があります。すべての手順の後、乳房全体の一般的な簡単なストロークを行う必要があります。

強く加温すると乳酸抱合とミルクダクトの深い加熱は、排泄されたミルクのホルモン調節の違反を引き起こす可能性があるため、望ましくない。そして、これは乳管からのミルクの排泄の悪化にも寄与する。

常に留意してください - 乳房静止の最初の兆候では、治療に遅れがなければなりません。さもなければ、より深刻な結果につながります。

</ p>>
それがよかったですか?シェア:
授乳中の母親の乳房炎の治療法。
授乳中のお母さんに蜂蜜を与えることができますか?私たちは見つけるでしょう!
母親に母乳を与えることはできますか?私たちは見つけるでしょう!
ラクトスタチン:治療、原因および予防
授乳中の母親にトウモロコシを沸騰させることは可能ですか?
幼児の便秘:何をするべきか、どのように手助けするか
気管支炎の治療法とその認識方法
乳酸菌を飲むことは可能ですか?のメニュー
産後うつ病:対処方法
トップポスト
アップ