薬「Spazmomen」:丸薬、レビュー、説明、アナログの使用説明書

鎮痙剤は薬物または筋痙攣を抑制する薬草。このような薬物は、様々な疾患を治療するために使用することができる。しかし、ほとんどの場合、腸管疝痛および消化管のその他の問題に処方されています。

丸薬の使用に関するspazmomenの指示

最も人気のある近代的な鎮痙剤は、薬剤 "Spazmomen"である。この薬の使用説明書、価格、フィードバックおよび放出形態については、さらに詳しく説明します。

薬の組成、説明、形態および包装

どのような形で準備 "Spasmomen"が生産されていますか? 使用説明書(この製品の構成は今発表される)は、錠剤の形で利用可能であると述べている。彼らは白いフィルムの鞘で覆われている、また、円形と両凸形状を持っています。

このツールの主なアクティブ要素臭化オチロニムに作用する。また、医薬錠剤の組成物には、カルボキシメチルデンプンナトリウム、ラクトース一水和物、米デンプン、ステアリン酸マグネシウム、マクロゴール、二酸化チタン、ヒプロメロースおよびタルクの形態の追加の物質がある。

投薬の販売では、等高線のセルに来る。

薬理学的特徴

使用説明書(タブレットの「Spasmomenum」医師のみを任命しなければならない)は、この薬剤が鎮痙効果を有し、筋肉組織の緩和(滑らか)を引き起こすと報告している。それは、顕著な反弾性特性によって特徴付けられる。

専門家によると、この薬はむしろ複雑な作用メカニズムである。その主な成分は、細胞内および細胞外空間におけるCaイオンの流れを変化させることができ、また、カルシウムチャネル、タキキニンおよびムスカリン受容体に関連することができる。この場合、薬物は、軽度の抗ムスカリン作用および複合作用を示す。

スパズマモ錠の使用説明書

薬の動態

どちらの動特性が特徴的であるか"Spazmomen"の薬?使用説明書(厳密に適応されるべき錠剤)は、この薬物が全身吸収のレベルが低いと主張している。これにより、血中の濃度が低く維持されます。

薬物を摂取した後、腸の筋肉(平滑)に広く分布する。薬は胆汁と共に抜き取られます。

このツールを使用する背景に照らして、胃腸管の収縮性および平滑筋緊張の減少が減少した。しかし、この薬剤は、突然変異誘発性、胚毒性および催奇性作用ならびにアトロピン様特性を示さない。

錠剤の使用に関する適応症

"Spazmomen"という薬の使用は何ですか? 使用説明書(錠剤は最も便利な放出形態)は、このツールが胃腸管および痙攣状態のジスキネジー、ならびに以下のように良好に機能することを示しています。

  • 胃炎、腸炎、胃腸炎および食道炎;
  • 過敏性腸症候群(すなわち、粘膜大腸炎);
  • 医療(特に内視鏡)研究の準備など。

価格のレビューのためのspazmomenenの指示

薬の使用に対する禁忌

どのような場合には、薬を使用することはできません"Spasmomenum"(タブレット)?使用説明書には、この基本的な物質および追加物質に対する過敏症の場合にこのツールが禁忌であることが示されています。また、3歳未満の子供には規定されていません。

注意して、この薬剤は、緑内障、幽門狭窄症および前立腺肥大に推奨されます。

薬「Spazmomen」:使用説明書

「Spasmomen」錠剤は、経口投与用である。それらの投与量は医師のみが決定するべきである。

指示によると、この薬は1回2錠または1日3回服用するべきです。薬は噛んではいけません。それは全体を飲み込む。

専門家は、最良の治療結果を得るためには、食事の前、または食事の20分前に飲むべきだと言います。

この手段による各人の治療期間は、個別に決定される。

有害事象

薬「スパスモメン」(丸薬)、上記のものの使用は、通常、副作用およびアトロピン様反応を引き起こさない。しかし、これは薬物が治療用量で使用された場合のみである。

spazmomenの使用説明書

問題の薬剤がアレルギーの原因となることがあります。この場合、それを拒否する方が良いです。

過剰摂取のケース

「Spasmomen」錠剤は毒性作用を有さない。したがって、彼らは重大な障害をほとんど引き起こすことはありません。

いずれにしても、望ましくない反応がある場合は、投薬をやめて医師に連絡してください。

特別おすすめ

人が車両を運転し、複雑なメッセージングメカニズムを管理する能力に及ぼす薬物のマイナスの影響が報告されています。

緑内障の病歴、胃の幽門部の狭窄、前立腺の腺腫の存在について医師に知らせる必要があります。

アナログと価格

この薬の費用は約600-700ルーブルです。必要に応じて、Bellalgin、Gastrotsepin、Buskopan、Besalolなどの類似体に置き換えられます。

タブレットでの痙攣の使用に関する指導

医師と患者のレビュー

今あなたは、患者がどのような場合に「痙攣」のような薬物を処方されているかを知っています。錠剤の使用説明書は上記に示した。

この薬物は、最も議論されている鎮痙薬の一つです。彼についてのレビューはほとんど肯定的です。

患者は、「Spasmomen」丸薬が最短時間で最も強い痛みを取り除くのを助けたと主張する。文字通り30分で腹部の痙攣は完全に消えた。

医者については、推奨しないこのツールを悪用する。結局のところ、重篤な病気の主な症状は痛みです。この薬の助けを借りて排除すると、重篤な病理診断を遅らせることができます。

この薬の唯一の欠点は、その接近不可能性です。消費者は、ロシアでは売り物ではないと主張している。それはウクライナでのみ購入することができます。

</ p>>
それがよかったですか?シェア:
薬 "アルタン"(丸薬):指示
薬Orungamin。指示
薬「ムコフォーク」指示
薬「ノシャー」(丸薬)。指示
薬 "アシクロビル"(丸薬)。
準備 "Colofort":の命令
薬物「クロナゼパム」:
薬「パパベリン」。指示
薬「テトラサイクリン」(錠剤)。
トップポスト
アップ