準備 "Ukrliv":使用、説明、構成およびレビューのための指示

かなり頻繁に現代医師が彼らの患者に特定の病気は、薬 "Ukrlivを処方する。このツールの指示には、十分な量の有用なデータが含まれており、多くの情報が最も重要な情報源です。しかし、同時に、そこに書かれていることをすべて正しく理解しているわけではなく、その中に提供されているものは、この薬物に関する完全な情報リストではありません。

アクション

Ukrliv命令

主にウルソデオキシコール酸ほとんどの場合、それは常に人の胆汁中に少量含まれています。経口で摂取すると、小腸内の吸収を遅くし、胆汁中のこの成分の分泌を減少させることによって、コレステロールによる胆汁富化の全体的な程度を有意に減少させ始める。この有機化合物の分散と液晶の形成により、胆石コレステロールが部分的に溶解し始め、これが人体の一般的な状態にプラスの影響を与えることは明らかである。

現代の科学的知識に従ってこれは、肝臓または胆汁うっ滞性疾患の様々な疾患の場合とursodeoksiholievaya酸が親水性の非毒性細胞保護ursodeoksiholievuyu酸に対する毒性胆汁酸の界面活性剤による親油性の類似の相対的置換に効果を得ることができると考えられ、そして改善分泌gepotatsitov機能および各種の免疫調節プロセスその後著しいです。

それはいつ使われますか?

準備 "Ukrliv"に指示は、証言する、患者が直径15mm以下のコレステリック胆石を有する場合、医師は最も頻繁にそれを処方する。ほとんどの場合、この治療法は、機能する胆嚢を有する患者に処方され、その中に1つまたは複数の胆石が存在するかどうかに関係なく機能する。特に、「Ukrliv」の準備には、この製品がX線コレステリック胆石を完全に溶解させることが記載されています。

とりわけ、これの使用非代償性肝硬変がない場合に原発性胆汁性肝硬変の必要な症候的治療を行う場合には、しばしば処方される。

薬物動態

英字のタブレットの指示

ursodeoxycholicを服用した後酸は、小腸、ならびに受動輸送による回腸の上部領域、および能動輸送による回腸回腸区画において十分に迅速に吸収され始める。大部分の場合、「Ukrliv」の指示書に示されているように、吸収度は60%〜80%である。完全な吸収の後、胆汁酸はアミノ酸タウリンおよびグリシンとのほぼ完全な肝結合の影響を受け、その結果胆汁と共に完全に除去される。肝臓を通る一次通過のクリアランスは60%の割合に達することに留意すべきである。

様々な腸内細菌の影響下リトコールおよび7-ケトリトコール酸の部分分解がある。この場合、リトコール酸は肝毒性物質として作用し、特定の種の動物において肝実質のあらゆる可能な損傷を引き起こす。人は、肝臓で完全に硫酸化され、糞便と胆汁で排泄される前でも解毒された物質の特定の部分だけを吸収する。

この薬は妊娠にどのように使われていますか?

生殖年齢の女性は十分な信頼性のある避妊薬を使用する場合にのみ、この医薬品を使用してください。治療開始前は、妊娠の可能性を完全に排除することが非常に重要です。最高の安全性を確保するために、妊娠の第1三半期には治療を行わないでください。薬 "Ukrliv"(錠剤)には、このツールを使用することの利点が可能性のあるリスクを超えていると医者が考えている場合に例外が提供されることが示されています。

正確な臨床データはありません母乳育児期の女性によるウルソデオキシコール酸の使用に関することであり、したがって、このカテゴリーの患者によるこの薬物の使用は推奨されない。

禁忌

Ukrlivの中断命令

調剤 "Ukrliv"(錠剤)には、この薬物の使用に対するいくつかの主要な禁忌が記載されています。

  • 胆管または胆嚢の急性炎症の存在;
  • この薬剤の組成物中の特定の物質に対する過度の感受性の患者における存在;
  • 胆管の詰まり(これは、共通ダクトの詰まりと膀胱の個々の閉塞の両方を含む);
  • 代償不全期にある肝臓の肝硬変。

とりわけ、注目すべきことは、このツールは、石灰化した石や薬剤によって証明されるように、頻繁に胆石疝痛を提示した者「Ukrliv」と胆嚢の障害収縮と放射線技術だけでなく、患者を用いて可視化されていない胆嚢の患者に処方されるべきではないと(懸濁液)命令。専門家は、上記の状況で、この薬を処方していないため、医師のレビューも、この事実を確認します。

副作用

この薬を服用する過程で、次のような副作用が発生する可能性があります。

  • 胃腸管の仕事における様々な違反;
  • 非常にまれなケースでは、原発性胆汁性肝硬変の治療において、患者は右下垂体にかなり強い腹痛を発症した。
  • 臨床試験では、ウルソデオキシコール酸による治療中に、特定の群の患者が緩い便または下痢を有することが判明した。
  • 胆嚢や肝臓のあらゆる種類の障害;
  • 再び、非常にまれなケースでは、胆石の石灰化はこの薬剤での治療中に起こりました。
  • 胆道の進行段階の治療患者の非常にまれな状況における原発性肝硬変は、処置を中止した後に部分的に退行した肝硬変の代償不全が存在した。

とりわけ、医師はしばしば彼らのレビューでは、この薬剤を摂取することによる副作用は、すべての可能な過敏症反応または発疹によって発現され得るという事実に注意してください。アレルギーになりやすい、人々は注意してそれを任命する。

どのように使用されていますか?

ukrliv錠の指示価格

年齢制限はありません「Ukrliv」(錠剤)の指示に示されているように、この薬物の受容は存在しない。この薬剤の価格は、治療を必要とする特定の患者グループに関係なく、それぞれ同じです。

体重が47kg未満の患者、またはまた、錠剤を嚥下することが困難な場合には、この薬剤を医師によってしばしば指摘される懸濁液の形態で使用することが可能である。主治医の特定の適応症に応じて、この薬剤を以下の用量で使用することが可能である。

胆汁コレステロール石の溶解

  • 重量:47〜60kg。 1日に2錠。
  • 重量:61から80キロ。 1日3錠。
  • 重量:81〜100kg。 1日4錠。
  • 重量:100kg以上。 1日5錠

錠剤は1日1回、それらは全体を飲み込んで少量の液体で洗い流す必要があります。準備 "Ukrliv"(錠剤)に使用するための指示は、就寝前に夕方にこの治療法を使用することが最善であり、レセプションは望ましい効果を達成するために定期的でなければならないことを示唆しています。

特徴

Ukrlivシロップ指導

本格的に必要な時間胆石の溶解は、大部分の場合、6〜24ヶ月である。この薬物の12ヶ月の積極摂取後に胆石の総サイズの減少が観察されない場合、継続的な治療は推奨されません。

準備は "Ukrliv"(シロップ)の指示について治療の成功は、6か月ごとにX線または超音波で検査する必要があるという事実。患者が治療中石を石灰化させているかどうかについて、さらなる研究が行われなければならない。このような場合は、治療手続きを完全に中止する必要があります。

PBCの症状の治療

患者のプライマリの場合胆汁性肝硬変では、患者の体重は、薬物「Ukrliv」をどれくらい使用すべきかに直接影響する。指示によると、体重によっては、1日の投与量が3錠から7錠に変わることがあります。

治療の最初の3ヶ月間錠剤は1日を通して使用し、毎日の用量を数回に分けて使用するべきである。この期間中の肝臓パラメータが改善された場合、夕方に1回のみの投与が可能になります。

錠剤は、全体を飲み込む必要があります、彼らは必要液体で洗い流してください。この場合、規則性を守ることも重要です。 「Ukrliv」(懸濁液)製剤と一緒に使用するための指示書は、患者の原発性胆汁性肝硬変が治療中に必要とされる場合に、その長期使用が可能であることを示していることに留意すべきである。

特徴

スラリー塗布指示書

このような患者ではまれな症例では初めての診断では、臨床症状が悪化することがあります。特に、痒みが増える人がいます。 「Ukrliv」の準備が示すように、この場合の指示書、サスペンションまたは錠剤は後で使用する必要がありますが、1日量を減らしてから徐々に必要な値まで増やしてください。したがって、毎週、必要な投与計画が達成されるまで毎日の投与量を増やす必要があります。

過剰摂取

 使用する錠剤の錠剤の使用説明書

過度のリスクが非常に低い重大な副作用を引き起こします。特に、下痢の可能性があるので、肝機能の主要指標を定期的に監視することが強く推奨される。下痢の場合は、投与量を減らす必要があります。これが役に立たない場合は、「Ukrliv」の取扱説明書に記載されているように、この薬剤の使用を完全にやめてください。この製品の価格(460ルーブルから、薬のタイプによって異なる)は、ほとんどの人が正しい用量でそれを使用することができます。

この場合の具体的な対策はありませんそれは必須であり、下痢の結果は電解液と液体のバランスに注意深く慎重に対処するだけで対症療法のみで治療する必要があります。これは、最大の安全性で最大の効果を達成するのに十分重要です。

</ p>>
それがよかったですか?シェア:
薬 "Fliksonase"。指示
サプリメント "クデサン"。使用方法
準備は "Sinuforte"です。指示
薬「ムコフォーク」指示
投薬 "ドン"。使用方法
甘草の根の使用説明書
薬「パパベリン」。指示
薬物 "ガバペンチン"。指示
ドラッグ "Dimexide"(解決策)。指示
トップポスト
アップ